第 2 回

クレジットカードの「リボ払い」、仕組みと注意点

田端 沙織

クレジットカードの「リボ払い」、仕組みと注意点

クレジットカードの支払い方法の1つであるリボ払い。
「キャンペーンでポイントが多く貰えるから」「月々の返済金額も一定で支払いが楽になりそうだから」、そんな理由で「リボ払い」を選んだ事はありませんか?

お得なことが多くあるように思える「リボ払い」ですが、仕組みをきちんと理解しないまま利用していると、気が付いたら残高が大きく膨れていたという事態になりかねません。ここでは、リボ払いの仕組みと注意点について説明します。リボ払いの仕組みを正しく理解して有効に活用しましょう。

リボ払いとは?

リボ払いとは、クレジットカードの利用金額や利用件数に関わらず、あらかじめ設定した一定の金額を月々支払う方式です。支払い金額は基本的に毎月決められた分だけで済みますが、利用した金額を返済し終わる前に繰り返し利用していくと、支払い残高が蓄積されどんどん増えていくことになります。

代表的なリボ払いの方式は以下の2つです。

定額方式

定額方式は支払い残高の大きさに関係なく毎月一定額を支払う方式。
月々の支払はあらかじめ決めた一定額+手数料となります。
カード会社によって一定の支払い額に手数料を含めて支払う方式もあります。

残高スライド方式

支払い残高の大きさに応じて、毎月の支払い額が段階的に増減する方式。
月々の支払は支払い残高の大きさに応じた一定額+手数料となります。
カード会社によって一定の支払い額に手数料を含めて支払う方式もあります。

リボ払いの手数料と計算方法

リボ払いでは支払い残高に応じた手数料がかかります。手数料は支払い残高にカード会社があらかじめ定めた実質年率とリボ払いを利用してから支払うまでの経過日数をかけて計算します。
【例】今日時点の支払い残高が100,000円、実質年率が15%。30日後の支払い日までにかかる手数料は、

100,000円×0.15%×30日/365日=1,232円(端数切捨て)

となります。

支払い残高が減っていけば手数料も減りますが、逆に支払い残高が増えていくと手数料も増えていきます。結果的にとても高い買い物をしている事になります。

リボ払いの手数料は、カード会社によっては毎月一定の支払額の中に含まれており、支払い額のすべてから残高が減っていくわけではありません。
特に「定額方式」の場合、支払い残高が増えすぎると支払い額内の手数料との比率が逆転することがあります。そうなると「支払い額の大半が手数料で、中々支払い残高が減らない!」といった状況に陥る可能性があります。

リボ払いを上手に利用するために

いくら利用しても基本的には支払い金額が変わらない点がリボ払いのメリットですが、安心して利用するためには残高をきちんと管理して増えすぎないようにする必要があります。
多くのクレジット会社では会員専用のWEBページが設けられており、登録すれば簡単にネットで利用明細が確認できるようになります。

また、リボ払いの支払い残高は一部または全部を返済することができます。支払い残高を減らすことにより手数料を節約し、支払い期間を短くすることができます。返済の方法はカードによって異なりますので確認しておきましょう。

リボ払いを利用する前に、自分にとって「本当にこれ(物やサービス)を買う必要があるか?」と1度考える習慣を身につけられると良いですね。

執筆者 田端 沙織 (たばた・さおり)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

鎌倉市出身、逗子市在住。2男1女を育児中。大学を卒業後、FP2級を取得した際、資産運用の楽しさに開眼し証券会社に勤務。10年以上お客様にまごころ込めて対応していたが、会社とお客様の向いている方向が違う事にモヤモヤを感じる。
現在は、お客様と自分が同じ方向を向くことでお金や将来の不安が少しでも減るよう、中立的な立場のFPとして活動中。また、「キッズ・マネー・ステーション認定講師」として子供、親子向け金銭教育講座を開催している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索