第 69 回

「カードローン」「キャッシング」「フリーローン」それぞれの違いは?

町田 萌

「カードローン」「キャッシング」「フリーローン」それぞれの違いは?

金融機関からお金を借りる方法はいくつかありますが、名前を聞くだけでは違いがわかりにくいものがあります。
「カードローン」「キャッシング」「フリーローン」それぞれ何が違うかご存知ですか?

今回は、これらの違いと上手な利用方法を解説します。

カードローンとキャッシングの違い

「カードローン」は銀行や消費者金融などが提供している個人向け融資のことで、ローン専用カードを発行して借入と返済を行います。

「キャッシング」はクレジット会社が提供しているサービスで、クレジットカードのキャッシング機能を使って借入と返済を行います。

混乱するかもしれませんが、消費者金融のカードローンを”キャッシング”と呼ぶことがあります。ここではローン専用カードを使う場合を「カードローン」、クレジットカードの付帯機能を「キャッシング」と呼ぶことにします。

カードローンとフリーローンの違い

「カードローン」と「フリーローン」はどちらも使用用途の限定がなく、自由に使うことができます。

異なる点として「カードローン」は一定の利用可能枠の範囲内で、繰り返しお金を借りることができます。
一方「フリーローン」は必要な分に応じて、お金を1度だけ借りることができます。そのためフリーローンは再度借り入れをする場合、改めて申し込みと審査が必要になります。

お金の管理のしやすさ

「カードローン」は繰り返し借り入れすることができるので、月々の返済額や残りの利用枠が把握しにくくなるデメリットがあります。

「フリーローン」であれば、1度借り入れたら返済するだけですので、お金の管理はカードローンよりしやすいと言えます。

どちらを利用する場合も、借り入れ状況と返済計画をしっかり管理することが必要です。

どれを利用する?

大まかに区別すると、緊急で比較的少額の用途には「カードローン」、先の予定がわかっていて、金額もある程度必要な場合には「フリーローン」と考えて良いと思います。急な結婚式やお葬式で現金が必要な場合は「カードローン」、海外旅行や賃貸の更新料などには「フリーローン」が向いていると考えられます。

ただし、教育資金・自動車購入資金・リフォーム資金・結婚資金など、ある程度しっかりと使用目的が決まっている場合には、目的別ローンを先に検討することをお勧めします。

また、海外で現金を手に入れたい場合には、クレジットカードのキャッシング機能を利用するのがベターです。

まとめ

お金を借りる方法は、名前だけでは区別がつきにくいものがありますが、「金額」「使うまでの日数」「既存借入額」などを比較して、自分にベストな手段を選択しましょう。

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索