第 117 回

カードローンがさらに便利に!モアタイムシステムの概要とメリットについて解説

壁岸 敦子

カードローンがさらに便利に!モアタイムシステムの概要とメリットについて解説

2018年10月に、銀行同士の送金に使われる新システムとして、24時間いつでも銀行振込が可能になる「モアタイムシステム」が稼働されました。

このシステムの特徴、そして導入によってどのようなメリットがあるのかを解説をします。

モアタイムシステムとは?

国内のほぼ全ての民間金融機関は「全国銀行データ通信システム(全銀システム)」というシステムを利用して、振込など金融機関同士の取引を行っています。

以前は平日8:30~15:30までの「コアタイムシステム」と呼ばれる限定した時間内での取引だったため、営業時間外となった場合は、翌営業日のシステム稼働時間以降まで手続きが完了しませんでした。

この利便性の改善するため、導入されたものが「モアタイムシステム」です。これにより、振込のシステムが24時間365日使用可能になりました。

モアタイムシステム導入で、カードローンがさらに便利に!

「モアタイムシステム」の導入で、銀行カードローンサービスにおいてもメリットが生まれます。

例えば、以前は金曜日の夜に振込融資の申込みをしても、実際にお金が振込まれるのは月曜日の朝でした。しかし、このシステムが稼働したことで、金曜日のうちに振込が可能となったのです。

中でも振込による即日融資では、平日15時までに振込手続きを完了させるため、平日午後の早い時間帯に申込みをする必要がありました。

しかし、平日夜間・休日の振込が可能となったため、即日融資を希望する場合でも、申込みの締切時間を従来より遅い時間にすることが可能となりました。

利用の際の注意点

この「モアタイムシステム」を導入している金融機関は、現時点では半数以下であるため注意が必要です。また、利用・申込み時間帯においても違いがあり、例えシステム導入済みの金融機関でも、カードローン受付の時間帯に関しては変わらないケースもあります。

特に注意したいことは、ローンを扱う事業者側が個別に適用除外していることがあることです。さらに返済については、土日の猶予がなくなり、締め切りが厳格化する場合もあります。

まとめ

今後、システム導入を行う金融機関の増加が見込まれていますし、すでに導入している金融機関においても振込時間等が変更される場合もあるでしょう。

利用の際は、対象の金融機関や事業者に事前に確認をしたうえでのお申込みをおすすめします。

執筆者 壁岸 敦子 (かべぎし・あつこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

北海道出身。大学卒業後は主にサービス業・事務に携わる。出産後、不動産会社で勤務したことをきっかけに資産形成に興味を持つ。趣味ではパーソナルカラーやカラーコーディネートの資格を取得。現在はFPとして活動中。2児の母。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索