第 36 回

お坊さんでも住宅ローンは組める?お坊さんの懐事情やお寺の土地について

町田 萌

お坊さんでも住宅ローンは組める?お坊さんの懐事情やお寺の土地について

「出家詐欺」という犯罪をご存知でしょうか?
多重債務者が出家して戸籍の氏名を変更し、多額の住宅ローンを金融機関から騙し取る手口です。2014年5月にNHKの番組「クローズアップ現代」で取り上げられ、『月刊住職』2014年7月号でも特集されました。

お坊さんが職場(お寺)とは別に自宅を購入する場合、どうやって住宅ローンを組むのでしょうか?

お坊さんの懐事情

「坊主丸儲け」という言葉は、僧侶が仕事をする上で元手がかからないことを意味しますが、時として「宗教法人だから税金が免除されててズルい」と誤解されています。
非課税対象は「喜捨金(お布施・お賽銭・読経料など)」や墓地・納骨堂の経営など「公益事業」であり、住民税・所得税・消費税・社会保険料は支払っています。

経営基盤が盤石なお寺はむしろ少ない方で、経営は副業なしで成立しないほどです。
一般社団法人日本仏教協会の資料によると『75,000あるお寺のうち4分の1が空き寺』です。お寺を潰すためには解体費用だけではなく、墓地や納骨堂の移転費用も必要だからです。

境内地という特殊な土地

お坊さんが家族で住むための住居を「庫裏(くり)」と呼びます。大規模な寺院以外は、事務を行う寺務所と兼用となっていることが多く、地目(土地の種類)が「境内地」となっているため、民間の住宅ローンを組むことは厳しいです。

なぜなら、境内地の建物と敷地は担保にできないためです。地目を変更する場合は「広告義務」といって、檀家さんはじめ関係者への連絡が必要です。

1つの土地を2つ以上に分割することを「分筆登記」といいます。
この分筆を利用して、お寺の敷地内に宅地を登記するケースが多いようです。地目が宅地であれば住宅ローンを申し込むことができるためです。

住宅ローンではなく融資で

ここで考えたいのは庫裏の役割です。お坊さんが家族で住むことが目的であることは確かですが、同時に寺院運営を円滑に行うための設備としても捉えられます。

そのため、住宅ローンではなく、宗教法人の設備として融資を受ける選択肢があります。信用金庫であれば中小企業が主な取引相手ですから、お寺にとって妥当な相談相手と言えます。

まとめ

前述の雑誌『月刊住職』には人生相談コーナーがあり、「最近自分の説法に自信が持てません」というお坊さんのお悩みが投稿されていました。宗教行為に携わる者だからといって、お坊さんもお金と無縁ではいられません。

お坊さんも気軽にファイナンシャルプランナーに相談できるような世の中になるよう、金融リテラシーの向上に貢献したいです。

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索