第 37 回

住宅ローン、教育ローン、自動車ローン。3つの大きなローンまとめ

町田 萌

人生の3大出費といえば教育費・住宅費・老後の費用ですが、ローンの使い道であれば老後の費用の代わりに自動車になるでしょう。
この3つを対象に、ローンを組む場合はどんな種類があるのか整理してみます。

住宅ローン

多くの人にとって人生で最大の出費となるのが、住宅ローンでしょう。
主に以下の3種類があります。金利や返済期間はそれぞれ異なります。

民間融資

金融機関、生命保険会社、住宅ローン会社による住宅ローンです。不動産会社と提携しているローンもあります。

協調融資

最も一般的に知られている「フラット35」です。住宅金融支援機構が民間金融機関と提携した住宅ローンです。

公的融資

会社員や公務員が財形貯蓄を積立している場合に利用できる、財形住宅融資があります。他には地方自治体から融資される自治体融資があります。

なお、金融機関によっては「親子リレーローン」「二世代ローン」といって、親子2代で住宅ローンを組むこともできます。

教育ローン

中学校卒業以上の人を対象とする教育機関が対象のローンです。
契約者は融資対象となる学校に入学・在学する子どもの保護者です。日本学生支援機構などが提供する奨学金との併用も可能ですが、奨学金は学生本人が契約者となります。

教育一般貸付

日本政策金融公庫が取り扱う教育ローンで、通称「国の教育ローン」です。低金利ですが、世帯年収についての上限があります。

民間金融機関の教育ローン

普通銀行、信用金庫、労働金庫なども教育ローンを取り扱っています。
金利は国の教育ローンと比較してやや高めです。信販会社が提供する学校提携の教育ローンは、提携先の学校に学費が直接振り込まれるものもあります。

自動車ローン

自動車ローンも条件を比較すると数10万単位で支払い総額が変わります。金利以外の条件として新車か中古車か、買い替えの有無などがあります。

金融機関の自動車ローン

普通銀行、信用金庫、労働金庫、JAバンクなどが提供しています。金利は低めですが審査が厳しく自分で行う手続きも多いので手間がかかります。

信販会社の自動車ローン

ディーラーローンとも呼ばれ自動車販売店が提携する信販会社と手続きします。金利は高めですが審査基準は比較的緩く、販売店の担当者が代行してくれる部分が多いです。

仕組みとしてはローンというよりクレジットに近く、信販会社が車を一括購入してその代金を契約者が信販会社に支払います。そのため返済中は車の所有者はディーラーになります。

まとめ

以上、3種類の大きな出費に応じたローンの概要をそれぞれ整理してみました。
大きな買い物では、条件次第で支払い総額が大きく変わってきます。複雑な条件やキャンペーンの詳細も含めて、時間をかけて検討してから決めるようにしましょう。

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索