第 59 回

信用金庫のローンは審査が甘い?銀行との違いやメリット・デメリットまとめ

町田 萌

信用金庫のローンは審査が甘い?銀行との違いやメリット・デメリットまとめ

信用金庫(以下「信金」)では、銀行と同様にカードローンや住宅ローンを取り扱っています。
その審査は銀行より甘いと言われていますが、信用金庫の仕組みはどのようになっているのでしょうか?

信用金庫とは

「一般社団法人全国信用金庫協会」のHPで信金と銀行との違いが説明されています。
その説明によると、銀行は株式会社であり、株主の利益が優先されるのに対して、信金は地域の繁栄を図る相互扶助を目的としており、地域社会の利益が優先されます。

また信金の特色として「会員制度」があります。
信金の営業地区内に住む人が信金に出資を行うと会員になることができます。会員になると、カードローンをはじめとした融資を受けることができます。

保証会社の違い

信金は、銀行とは違った独自の保証会社を利用しています。
まず1つは「一般社団法人しんきん保証基金」、もう1つは「信金ギャランティ株式会社」です。信金でローンを申し込むと主にこの2つが審査を担当します。

どちらも他社の借入金額や過去の返済状況など、信用情報が重要な審査基準になるのは銀行や消費者金融と同じです。

信金はローンの審査が甘い?

信金の審査の特徴は、信用情報以外に信金の取引状況が加味される点です。具体的には「給与振込の口座で使用していると有利」と言われています。

また「公共料金の引き落とし先」として使用している、「定期預金や定期積金を利用している」と同様に審査に有利と言われています。
安定した収入があり、返済に問題がないと判断されるからです。

信金は、会員からの出資を元に運営しています。そして、預かった資金を相互扶助という経営理念に従って地域社会の発展のために運用します。そのため、信金との取引状況が良好な会員は審査で有利になる可能性があります。

信金によっては再度ローンを利用する場合、金利や保証料が優遇される「リピートプラン」を用意しています。

信金のメリットとデメリット

取引状況によっては審査が優遇される可能性があることは、信金のメリットと言えます。
ただし審査と融資に時間を要するのがデメリットです。
しかし、取引が地域密着型で融通が効く可能性がある点は、大きなメリットといえるでしょう。

まとめ

信金のローン商品の説明に、取引が多い会員を審査で優遇する旨は記載されていませんが、既に取引があれば金利が優遇されると記載されているローンはあります。

今お住いの地域に今後も継続して居住する予定であれば、資金調達に信金のローンのご利用も検討してはいかがでしょうか?

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索