第 80 回

おまとめローンと任意整理、返済が大変な時はどちらを選ぶべき?

田端 沙織

おまとめローンと任意整理、返済が大変な時はどちらを選ぶべき?

複数のローン会社でローンをたくさん組んでしまい、返済が大変・・・。
そんな時に思いつくのが、「ローンの一本化(おまとめローン)」と債務整理の一種である「任意整理」ではないでしょうか。

今回は、借金を完済したい場合に「おまとめローン」と「任意整理」のどちらを選ぶべきなのかについて説明します。

おまとめローンと任意整理との違い

おまとめローンと任意整理は、どちらも返済が大変な時の対応策ですが、全く別のアプローチ方法です。
それぞれの内容を見ていきましょう。

おまとめローンの特徴

おまとめローンとは、複数社からの借入れを1社にまとめることで適用される金利を下げ、結果として月々の利息と返済金額を減らして完済しやすくしたローンです。

例えば、3社に50万円ずつ年率18%で借入れしていたものを、1社で150万円の借入れにまとめた場合、適用される金利は15%以下となるので、支払い利息や月々の返済額を抑える事が可能になります。また、返済日もまとまり支払い管理も楽になります。

利用をする場合は、おまとめローンを取り扱っている銀行、または消費者金融に申し込み、審査に通る必要がありますが、一般的なカードローンより審査は厳しくなります。

場合によっては、借入れ可能額が少なくなりすべての借入れを、まとめることができなくなる事もあります。また、おまとめローンでは利用開始後の追加の借り入れは基本できません。

任意整理の特徴

債務整理は、「債権者(消費者金融や銀行等)と交渉をして、将来利息のカットや長期分割弁済などの和解を成立させ、支払いを楽にする手続き」の事で、手続きの内容によって、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類に分かれます。

そのなかの「任意整理」は、他の3つの債務整理より手続きは簡単になりますが、正しい金利での借入れ返済額を再計算した上で、「今後の利息を0円にする」ことを前提に借入れ元と交渉を行うため、借入金元本を減らすことはできず利息のカットのみとなります。

また、任意整理を行った記録が個人信用情報に事故情報として、最長5年間残されます。
事故情報が残っている間は新たな借入れができなくなります。

住宅ローン等の各種ローンやクレジットカードの審査なども通らなくなるので、日常生活に影響が出ることがあります。

自分の状況や返済能力を考えて選びましょう

おまとめローンは信用情報機関(通称ブラックリスト)に情報が登録されることはありませんが、任意整理を行うと登録がされ最長5年は記録されます。

ただ、返済が困難で完済の目途が立たないような状況の場合は、任意整理を視野に入れまずは、専門家に相談するのも良いかもしれません。

自身の状況と照らし合わせ、よく考えて選択しましょう。

執筆者 田端 沙織 (たばた・さおり)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

鎌倉市出身、逗子市在住。2男1女を育児中。大学を卒業後、FP2級を取得した際、資産運用の楽しさに開眼し証券会社に勤務。10年以上お客様にまごころ込めて対応していたが、会社とお客様の向いている方向が違う事にモヤモヤを感じる。
現在は、お客様と自分が同じ方向を向くことでお金や将来の不安が少しでも減るよう、中立的な立場のFPとして活動中。また、「キッズ・マネー・ステーション認定講師」として子供、親子向け金銭教育講座を開催している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索