第 120 回

消費者金融の審査に通りやすい時期はある?ネット上の噂を検証してみた

町田 萌

消費者金融の審査に通りやすい時期はある?ネット上の噂を検証してみた

カードローンには審査があるので、必ず融資が受けられるわけではありません。消費者金融でもそれは同じですが、時期によって審査の通りやすさに違いはあるのでしょうか?

数字の定義

まず審査を通過する割合を意味する言葉として、「承認率」「審査通過率」「成約率」「新規貸付率」などがあります。全て意味するところは同じで、「新規契約件数」を「新規申し込み件数」で割った数字です。

インターネット上の噂

インターネットで「消費者金融」「審査通過率」などのキーワードで検索すると、カードローンに通りやすい時期としていくつかの説と根拠があります。主な時期と理由は以下の通りです。

審査に通りやすくなる時期

  • 6月や12月のボーナス月:お金を借りる必要がなくなるので申し込みが少なくなるから
  • 決算期末の3月:ノルマ達成のために融資を増やすから
  • 3月:進学や就職で新生活を始める人が多くなるから

審査に通りにくくなる時期

・GWのある5月やお盆の8月:申し込みが増えるので繁忙期になるから

まとめると審査に通りやすいのは「3月」「6月」「12月」、審査に通りにくいのは「5月」「8月」と言われています。

実際に公表されているデータ

参考にしたデータは以下のとおりです。

  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
    トップ > 当社について > 業績情報 > 月次データ
  • アイフル
    企業・IR情報ホーム > 財務情報 > 月次データ
  • アコム
    HOME > 企業情報サイト > 株主・投資家のみなさまへ > IRライブラリ > マンスリーレポート

これらの月次データで申し込み件数と審査通過率を参照すると、前述の通説とは何の関連もありませんでした。5月や8月の審査通過率が低いこともなく、著しく審査通過率が高い月もありません。1月から12月で区切っても、4月から3月の年度で区切っても同様です。

なぜ通説と違うのか

確かに申し込み件数はある程度、インターネット上で言われている通りでした。しかし過去の古い情報を参照して記事が書かれている場合があり、最新のデータを参照していない可能性があります。

また、5月と8月の審査通過率が低い根拠とされているのが「繁忙期だから」という理由ですが、もし忙しいから審査を厳しくするというのであれば公平性が保たれません。申し込み件数と審査通過率には何の関連性もないと言えるでしょう。

まとめ

結論としては審査に通りやすい月も、通りにくい月もありませんでした。
なお、消費者金融の審査通過率は年間で40〜50%の間に収まっています。それだけはここ数年変わっていないので、参考にしてはいかがでしょうか。

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索