第 139 回

低金利での融資をうたう「ダイレクトメール詐欺」に注意!被害の事例と対処方法

田端 沙織

低金利での融資をうたう「ダイレクトメール詐欺」に注意!被害の事例と対処方法

ある日届いた低金利での融資をうたうダイレクトメール。返済に困っている場合、怪しいと思いながらも問い合わせをしてしまうかもしれません。

しかし、そんなおいしい話はあるはずはなく、詐欺被害にあう人が後を絶ちません。

怪しいダイレクトメールが来た場合どう対処すればいいか、被害の事例も交えて解説します。

ダイレクトメール詐欺とは?

ダイレクトメール等により虚偽の情報を提供し、その購入や貸出し名目で金銭をだまし取る詐欺のことを指します。

被害の実例

貸金業者の業務に対する苦情や紛争解決の窓口である「貸金業相談・紛争解決センター」では、ダイレクトメール詐欺の実例を紹介し、注意を呼びかけています。

その事例の中の一つとして、ダイレクトメールに書かれた低金利を信じ貸金業者(登録番号は詐称)へ申し込みをしたところ、振り込まれた1万5千円程度の借入金に対し、1週間後に4万円の返済を迫られたケースが紹介されていました。

契約者がすぐの返済が難しいと断ると、契約者の親へ30万円の返済を迫られた他、家族が働く職場へ嫌がらせのFAXを送られる等の被害にあったそうです。

出典:日本貸金業協会/貸金業相談・紛争解決センター「ヤミ金被害の実例と悪質業者の検索」
https://www.j-fsa.or.jp/personal/bad_contractor/

ダイレクトメールが来たときの対処法

このようなダイレクトメールには、通常ではありえない低金利などの極端な好条件が記載されています。また、実在業者の商標やロゴなどに酷似した社名やロゴを使い、あたかも関連会社であるように装っています。

悪質業者からダイレクトメールが来たら、以下に挙げる対処法を試してください。

正規の登録業者であるか調べる

実在業者の商標やロゴなどに酷似した社名やロゴを載せていることがあるため、すぐに見分けることが難しい場合もあります。
必ず、ダイレクトメールに記載された登録番号を、金融庁のウェブサイト「登録貸金業者情報検索サービス」で検索して確認してください。

また、実在業者のホームページなどで電話番号の確認など行ってください。

登録業者でない場合

検索の結果、登録業者でない場合は以下の対応をしてください。

  • 無視する(絶対連絡しない)
  • 電話などがきても対応しない

しつこくアプローチされるなど、困ったりした場合はすぐに警察へ連絡してください。

まとめ

ダイレクトメール詐欺も手を替え品を替え、色々な方法でアプローチをしてきます。詐欺被害に遭わないように、おいしい話はないと、まずは疑う意識を持つことが大事です。

執筆者 田端 沙織 (たばた・さおり)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

鎌倉市出身、逗子市在住。2男1女を育児中。大学を卒業後、FP2級を取得した際、資産運用の楽しさに開眼し証券会社に勤務。10年以上お客様にまごころ込めて対応していたが、会社とお客様の向いている方向が違う事にモヤモヤを感じる。
現在は、お客様と自分が同じ方向を向くことでお金や将来の不安が少しでも減るよう、中立的な立場のFPとして活動中。また、「キッズ・マネー・ステーション認定講師」として子供、親子向け金銭教育講座を開催している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索