第 185 回

キャッシュレスで5%還元!消費税増税に備えるポイ活知識

和島 由佳

キャッシュレスで5%還元!消費税増税に備えるポイ活知識

10月から消費税の増税が予定されていますが、それに備えてキャッシュレス決済のポイント還元が強化されているのはご存知でしょうか?
実は経済産業省より、「キャッシュレス・消費者還元事業」という事業の実施が発表されています。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

消費税率引き上げ後の9ヶ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を国が支援する制度です。
(出典:キャッシュレス・消費者還元事業

今まで現金しか使えなかった店でもキャッシュレス決済が可能に

この制度の目的の一環には、キャッシュレス決済の普及があります。お店としての生産性の向上、そして消費者への利便性の向上を目指したものです。

国から事業者へ端末導入費用等への補助があるため、今まで現金しか使えなかった店でもキャッシュレスが導入され、利便性が高まるケースが期待できます。

キャッシュレス決済により、消費者へポイントが還元

消費者にとっては、利便性の向上に加えて大きなメリットがあります。それがポイントの還元です。

対象店でキャッシュレス決済を行うことで、最大5%のポイント還元を受けることが可能です。原則として5%の還元、フランチャイズチェーン参加の中小・小規模店舗等では2%となっています。

何を使えば良い?身近なキャッシュレス

キャッシュレスというとPayPay等のアプリ決済のイメージがありますが、キャッシュレスとは「現金を使わない」手段のことです。

主なキャッシュレス手段としては

  • 電子マネー(Suica等)、プリペイドカード
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • スマートフォン(キャリア決済)

等があります。何かしらお手元にある方は多いのではないでしょうか。

お持ちのカード等がこのポイント還元制度の対象かどうかは、今後キャッシュレス・消費者還元事業のHPで確認できるようになる予定です。またはカードを発行している決済事業者へ問い合わせる方法もあります。

対象店舗は?

加盟店にはロゴマークの表示が義務付けられています。店頭で必ずロゴを確認した上で利用するようにしましょう。
また、登録加盟店一覧の第一弾がすでにキャッシュレス・消費者還元事業のHPで公開されており、今後随時更新されるようです。

ポイントはどう使えるの?

ポイント還元方法は各社や方法によって異なります。例えばカードの請求金額から相殺されるもの、口座に返金されるもの、端末のポイントに付与されるもの等様々です。
利用したいと考えているカードやサービスの還元方法は、各社HP等でご確認ください。

まとめ

家計でもっとも身近な消費税の増税。買い物の内容によっては軽減税率の適用もあるとはいえ、家計にかかる負担が増すことは間違いありません。キャッシュレス決済を利用して、賢く家計の負担を軽減していきましょう。

執筆者 和島 由佳 (わじま・ゆか)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学卒業後、証券会社に5年間勤務し、お客様応対や事務に従事する。働きながら資格取得に取り組む中で、よりお客様の人生に寄り添い、得た知識を共有できる仕事をしたいと考えFP業務に興味を持つ。CFPの合格を機に、FPサテライト株式会社にてファイナンシャルプランナーとして活動している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索