第 18 回

銀行カードローンのメリット・デメリットをわかりやすく解説!

庄司 里紗

銀行カードローンのメリット・デメリットをわかりやすく解説!

急な出費で現金が必要になったとき、頼りになるのが銀行カードローンです。しかし、銀行カードローンにはメリットもあればデメリットも当然存在します。では、銀行カードローンを利用する際、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

銀行カードローンのメリット

銀行カードローンには、次のようなメリットがあります。

メリット1:低金利で借り入れが可能

カードローンの中でも銀行カードローンは金利が低く、結果、支払う利息が少なくなります。消費者金融のカードローンとの金利の差は数%ですが、借入期間や借入金額によって返済する金額が大きく変わってきます。

つまり借入額が大きい、借入期間が長いという場合にはお得にお金を借りることができるということです。

メリット2:主婦でも借り入れが可能

銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。そのため、本人に収入のない専用主婦や年収の1/3以上の金額を借り入れしたい人でも利用することができます。

ただし、銀行のカードローンでも自主的に規制しているところも多いため、年収の1/3以上の額を借りたい場合は、借り入れ前にチェックが必要です。

メリット3:借り入れ方法が簡単

ATMを利用してお金を引き出したり、自分が所有している口座に振り込みをしてもらう等希望する方法で借り入れることができます。

また、返済方法についても返済日を指定できたり、毎月一定の金額を返済することもでき、返済もしやすくなっています。

銀行カードローンのデメリット

反面、銀行カードローンには以下のようなデメリットもあります。

デメリット1:審査に時間がかかる

消費者金融のカードローンでは最短〇分というようなスピードで審査が終了するところも多いですが、銀行カードローンは消費者金融と比較すると審査に時間がかかる場合が多いです。そのため、即日融資ができる銀行が少なく、なるべく早くお金を借りたいという人には不便かもしれません。

デメリット2:無利息サービスがない

消費者金融でよく見かける「一定期間無利息サービス」が、大半の銀行カードローンにはありません。無利息期間のサービスは初めて利用する人に適用されることが多いので、初めてカードローンを利用する人にとってはデメリットになるといえます。

まとめ

カードローンは、利用目的に制限もないので、急な出費で現金が必要になったときに利用できる便利なサービスです。
特に銀行のカードローンは金額の大きい借り入れや借入期間が長くなる人にはおすすめです。

しかし、金利が低めに設定されているとはいえ、利息はつくので借りた額以上の額を返済することになります。
便利なサービスだからといって無闇に利用するのではなく、メリットやデメリット、利用する銀行のカードローンの特徴をよく理解し計画的に利用しましょう。

執筆者 庄司 里紗 (しょうじ・りさ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学卒業後、広告代理店に営業事務として就職。妊娠を機に退職。専業主婦となり、家計管理を任される。しかし、子供2人分の教育費、住宅費、老後資金とお金の不安は増えるばかり。そこでお金について勉強するため2級FP技能士を取得。現在は、子育てをしながらFPとして活動中。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索