第 78 回

カードローンってだれでも利用できるの?主婦、年金受給者、外国人の借入について

庄司 里紗

カードローンってだれでも利用できるの?主婦、年金受給者、外国人の借入について

急にまとまった現金が必要になったとき、インターネットやATMなどで手軽に借りることができるカードローンは便利です。しかし、全ての人が多額の現金を借りられるわけではありません。

現金を借りるためには、条件や審査に通ることが必要です。もちろん金融事故や多重債務などがなく、安定した収入のある人は問題なく借りることができるでしょう。

では、専業主婦や年金受給者などの無職の人や外国人はお金を借りることは可能なのでしょうか。

主婦は借りられる?

原則、消費者金融からは総量規制があるため、借入ができません。パートで安定した収入があったり、消費者金融でも配偶者貸付制度を利用すると、借入が可能になる場合もあります。また、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦で収入が0でも借入が可能になります。

年金受給者は借りられる?

高齢者の場合、病気や死亡で貸し出したお金の回収ができなかったり、高齢のため返済能力がないと判断されたりする場合もあるため、審査が通りにくいことがあります。

しかし、年金受給者でも、毎月定期的な収入のある仕事についている人は借入ができる可能性もあります。また、年金を「安定した収入」として認める会社も少数ではありますが存在します。

そしてもう1つ、高齢者の借入で注意が必要な点が「年齢」です。各会社が借入を申し込める年齢を定めています。自分が借りる会社の上限年齢は必ず確認しておきましょう。

外国人は借りられる?

原則、日本国内に在住していて、安定した収入があればカードローンの申し込みは可能です。
また、留学中や転勤などで「日本に永住権のない外国人」の場合も、永住権のある外国人と比較すると審査が通る可能性は低くはなりますが、可能性が0というわけではありません。

しかし、永住権のない外国人の場合、在留期間が「返済に十分な期間」残っているかが重要になります。

まとめ

専業主婦や年金受給者、外国人でも毎月安定した収入があれば、原則カードローンの申し込みは可能です。しかし、収入以外にもそれぞれの状況で注意すべき条件があります。
また、銀行カードローンを利用するのか、消費者金融を利用するのかでも条件は変わってきます。

急な出費で現金が必要な際、カードローンは便利なうえ、専業主婦や高齢者の方でも利用することはできます。ただし、自分の返済能力や金利などをよく理解して、必要以上の借入はせず、計画的に利用しましょう。

執筆者 庄司 里紗 (しょうじ・りさ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学卒業後、広告代理店に営業事務として就職。妊娠を機に退職。専業主婦となり、家計管理を任される。しかし、子供2人分の教育費、住宅費、老後資金とお金の不安は増えるばかり。そこでお金について勉強するため2級FP技能士を取得。現在は、子育てをしながらFPとして活動中。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索