第 113 回

クレジットカードの延滞は信用情報に直結する?

庄司 里紗

クレジットカードの延滞は信用情報に直結する?

クレジットカードの支払いが遅延した場合、信用情報に影響を与えてしまうことがあります。クレジットカードの利用履歴は信用情報機関に記録されており、この信用情報機関に記録されている情報は、ローン等の審査を行うときに重要視されるものです。

つまり、クレジットカードの遅延により、カード審査やローン審査が通らなくなることがあるかもしれません。

では、どのくらいの期間支払いが遅延してしまうと信用情報に影響を及ぼすのでしょうか。また、支払いが遅延してしまったとき、どのような対処をすれば信用情報を傷つけずに済むのでしょうか。

延滞するとすぐに信用情報機関に金融事故として登録される?

支払いが1日でも遅れると原則、信用情報に傷がつきます。わずか1日の延滞であってもカード会社は信用情報に延滞があった旨を記録することが責務となっているからです。

しかし現実的なことを言えば、数日程度の延滞は黙認されることが多いようです。これは、数日の延滞に関して毎回信用情報に記録していると、カード会社の事務的な作業が膨大となり、カード会社にとっては特にメリットもない作業であるからです。

もちろん、数日程度の延滞がスルーされる可能性が高いといっても延滞を繰り返すような場合は、悪質だと判断され信用情報に記録される可能性は高まります。

また、延滞日数が61日を過ぎるまたは延滞月数が3ヵ月目に突入した場合、信用情報は金融事故を起こしているという意味で「異動」と記録されます。いわゆる「ブラックリスト入りする」ということです。

「異動」による影響

信用情報に「異動」と記録されてしまうと、クレジットカードをはじめ、住宅ローンや車のローンなどの審査に通ることが困難になります。また、場合によってはクレジットカードの更新もできなくなり、強制解約となってしまうこともあります。

さらに、「異動」の情報は5年間残るため、一度この情報が記録されると新規のカードやローンを申し込むことも難しくなります。

延滞してしまった時の対処法

支払日の翌日以降に入金ができていないことに気づいた場合、クレジットカード会社のコールセンターにすぐ連絡を入れましょう。コールセンターの担当者から再引き落とし日等の指示があるのでその日までに入金を済ませましょう。

支払いの遅延に気づいたら、カード会社から督促の連絡が入る前に、すぐにカード会社へ連絡することが重要です。

まとめ

信用情報に傷がつかないように、支払期日はカレンダーに記入する、入金日をあらかじめ決めておく等、支払いの遅延をしないようにしましょう。それでも支払期日を忘れて遅延してしまった場合は、カード会社にすぐ連絡をいれ、決められた日までに確実に支払うようにしましょう。

そして最も重要なことは、クレジットカードを利用する際は、必ず自分が支払える金額内で利用することです。

支払期日を忘れて延滞してしまった場合は、すぐに支払うことで「異動」を回避できますが、お金の準備ができなくて支払いが延滞してしまうのはとても危険です。クレジットカードはとても便利ですが、使い方に気をつけて利用しましょう。

執筆者 庄司 里紗 (しょうじ・りさ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学卒業後、広告代理店に営業事務として就職。妊娠を機に退職。専業主婦となり、家計管理を任される。しかし、子供2人分の教育費、住宅費、老後資金とお金の不安は増えるばかり。そこでお金について勉強するため2級FP技能士を取得。現在は、子育てをしながらFPとして活動中。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索