第 137 回

ソーシャルレンディングとは?融資型クラウドファンディング投資の仕組みと注意点

田端 沙織

ソーシャルレンディングとは?融資型クラウドファンディング投資の仕組みと注意点

近年、「ソーシャルレンディング」という資産運用の方法が注目を浴びています。高い利回りやインターネットで手軽に投資できることが魅力ですが、詐欺などの被害も少なくありません。

今回はソーシャルレンディング投資の注意点について解説します。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会社(借り手)とお金を運用したい人(貸し手)をマッチングするサービスです。

ソーシャルレンディングの事業運営会社は、ウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集め、その資金を企業に融資します。
インターネットで資金を集める「クラウドファンディング」の一種とされ、「融資型(貸付型)クラウドファンディング」と呼ばれることもあります。

個人が直接会社に融資する場合、通常は貸金業の資格が必要になります。
しかし、ソーシャルレンディングは運営会社が資金を集めて会社に出資し、生じた利益を資金提供者に分配する「匿名組合」という仕組みを利用しているため、法律的には融資ではなく投資になります。

ソーシャルレンディング投資の人気の理由の一つが、利回りの高さと少額から投資できる点です。

ソーシャルレンディング投資の注意点

一方で、ソーシャルレンディング投資には以下のような注意点があります。

  • 満期まで投資資金の引き出しができない
  • 貸し倒れや返済遅延のリスクがある
  • 投資家は匿名組合の営業に関する口出しができない
  • 事業運営会社自体に問題があったり、詐欺まがいであったりする場合がある

ソーシャルレンディングの事業を行うためには金融庁に登録が必要です。
しかし、登録業者であっても不適切な運用などを行っていたとして、過去に金融庁が大手運営会社へ業務改善命令を出したこともあります。

まとめ

ソーシャルレンディングは、高い利回りや少ない金額で手軽に始めることができるのが魅力です。一方で、投資先ファンドの倒産等による貸し倒れリスクや、詐欺まがいの運営会社が存在するなど、事業運営会社自体に問題がある場合もあります。

安易に投資せずに、運営会社と投資先のファンドについてよく調べてから、余裕資金での投資を検討しましょう。

執筆者 田端 沙織 (たばた・さおり)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

鎌倉市出身、逗子市在住。2男1女を育児中。大学を卒業後、FP2級を取得した際、資産運用の楽しさに開眼し証券会社に勤務。10年以上お客様にまごころ込めて対応していたが、会社とお客様の向いている方向が違う事にモヤモヤを感じる。
現在は、お客様と自分が同じ方向を向くことでお金や将来の不安が少しでも減るよう、中立的な立場のFPとして活動中。また、「キッズ・マネー・ステーション認定講師」として子供、親子向け金銭教育講座を開催している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索