第 198 回

銀行カードローンの保証会社とは?保証会社を知ることで得られるメリットとは

町田 萌

銀行カードローンの保証会社とは?保証会社を知ることで得られるメリットとは

カードローンは「無担保」と「保証人不要」が特徴です。しかし銀行では、消費者金融と違い「保証会社」の保証を受けることになります。保証会社とはどのような企業で、どんな役割があるのでしょうか?

定義と種類

保証会社の役割の1つは、銀行カードローンの審査を行うことです。もう1つは、カードローン利用者の返済が滞った場合、代わりに銀行へ立て替え処理を行います。

保証会社は消費者金融や信販会社が務めていることが多いですが、中には保証業務を専門に行なっている会社もあります。

審査

銀行カードローンを申し込むと、保証会社が審査を行い、それから銀行が審査を行います。

銀行の貸付業務は、通常であれば担保と連帯保証人を必要とします。しかしカードローンは無担保無保証のため、銀行にとっては審査するためのノウハウが不足しています。そのため、銀行は無担保無保証の審査に強い保証会社に審査を委託しています。

代位弁済

融資を行なった側が、相手に対して返済を求める権利を「債権」と呼びます。カードローンの利用者が返済の滞納を行なってしまうと、銀行の債権が貸し倒れになる可能性があります。

それに備えて銀行は保証会社に保証料を支払って、保証会社は返済が滞った不良債権を利用者に代わって返済します。簡単に言うと借金の肩代わりをしてくれるということです。これを「代位弁済」と呼びます。

代位弁済が行われた後は、銀行ではなく保証会社から返済の連絡が来ることになります。この時点で信用情報機関には金融事故として記録されます。

利用者から考えること

銀行の保証会社がどの会社かは、申し込む前に調べることができます。銀行カードローンの申し込み条件に「◯△保証会社の保証が受けられること」と記載されていることが多いです。申し込み条件に記載がなければ、注意事項や商品概要に記載されていることが多いでしょう。

銀行カードローンの申し込みをして審査が通らなかった場合、次の申し込み先を検討する際に、同じ保証会社の銀行カードローンを避けることも1つの方法です。なぜなら、次の申し込み先が同じ保証会社であれば、また審査に通らない可能性が高いからです。

まとめ

銀行カードローンの審査は保証会社が行なっていることを知っておけば、申込先を選択する時に保証会社を判断する基準の1つとすることもできるでしょう。どの保証会社が審査を行なっているか参考にしてはいかがでしょうか?

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索