第 199 回

キャッシングやカードローンの情報サイトを比較する時に注意すべきこと

町田 萌

キャッシングやカードローンの情報サイトを比較する時に注意すべきこと

キャッシングやカードローンの情報をインターネットで検索すると、膨大な数の情報があるのでかえって迷ってしまうかもしれません。そんな時に、比較するポイントを押さえておくと、自分に必要な情報を選択することができます。

サイトの種類に注目

口コミや情報サイトは主に2種類に分かれます。1つは企業が運営するメディアとしてのサイトです。運営する企業は金融業者の子会社もありますが、IT系の人材派遣など全く別業種の企業が個人事業主に依頼している場合もあります。

もう1つはアフィリエイトと呼ばれる広告収入を目的としたサイトです。サイト作成者はホームページやブログに広告を掲載します。訪問者がその広告をクリックして商品やサービスを購入すると、広告主から成果報酬が支払われる仕組みです。

完全に中立な情報は難しい?

ここで考えたいのが、どちらの種類のサイトも「利益を目的」としてサイトを作成・運営しているということです。そのため完全に中立の立場で記事を書くことは難しく、運営元や広告主の意向に反するような情報は公表しにくい可能性があります。

特にアフィリエイトが目的で運営されているサイトでは、広告主の意向に沿う記事が望まれる場合があります。例えば、ダイエット商品の広告を掲載しているのに、「好きなものを好きなだけ食べるのが健康には一番です」という記事は望ましくないでしょう。

注意すべき例

誰もが一定の判断基準を持って情報を取捨選択していると思いますが、ここで注意したいのは情報サイトでアピールしている言葉です。

「大絶賛の嵐」「絶対にオススメです!」

レストランやラーメン屋の口コミ情報サイトと同じで、高評価でも人によっては合わない場合もあり得ます。批判的な評価が一切ないのは自作自演や偽物の情報か、高評価の情報だけを意図的に抽出している可能性があります。

正しい情報を選別するポイント

前節では注意すべき情報の例を挙げてみました。次は、より信頼度の高い情報を選択するポイントを紹介します。

「FPが監修」「執筆FP紹介」

FP(ファイナンシャル・プランナー)はお金の相談に対して、解決策をアドバイスする専門家です。理念を持った専門性の高いFPであれば、読者に有益な情報を提供し、不利な情報も伝えるように執筆や監修を行うでしょう。

ただし、必ずしもキャッシングに関する知識が豊富なFPであるとは限りません。FPの実績だけでなく、実際の執筆監修記事を精査して判断しましょう。

情報の根拠を示している

単に「〜と言われています」「〜な場合が多いです」という表現より、具体的な数字などの根拠を示している方が信頼度は高いでしょう。例えば「金融庁の◯△という資料では」「日本貸金業界の統計によると」などの出典がある方が、より信頼度が高いと言えます。

情報の鮮度

記事が書かれた日付や更新日が古いと、それだけ情報の鮮度が落ちます。クレジット業界も他業種と同様に栄枯盛衰があるので、可能な限り新しい情報を参考にしましょう。

まとめ

カードローンは無担保無保証でお金を借りることができるので、一定の需要は常にある状態です。そのためアフィリエイトを狙う層も多く、情報は玉石混交と言えます。しかし、どんな情報も「信頼できなくても参考情報にはなる」という考え方は可能です。

自分にとって信頼度が高い、必要な情報を収集できるようにしたいものです。

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索