第 177 回

楽器ローンとは?お金を借りてマイ楽器を購入する方法

和島 由佳

楽器ローンとは?お金を借りてマイ楽器を購入する方法

皆さんは、楽器の購入を検討されたことはありますか?楽器屋さんに行ったはいいものの、高くて諦めたことはありませんか?

ご自身の趣味はもちろん、お子様の習い事や部活等、楽器を購入する機会は意外と多いものです。

楽器は一台あたりの単価が高い

お子様に習い事をさせていると、小さい時から良い音に触れさせてあげたいと考える方も多いでしょう。趣味で続けている楽器でも、のめりこむほどにもっと良いものがほしくなってくるものです。

楽器の単価は、楽器の種類によって異なります。
例えばフルートの場合、安いものは数万円で購入できますが、高いものは数百万円から1000万円のものもあります。相場としては30万円程度です。

中には、100万円前後が相場の楽器もあります。

一生ものを選ぼうとするとどうしても一台あたりの単価が高くなりますが、「楽器ローン」をうまく利用することで、一時的な負担を軽減することが可能です。

楽器ローンとは

楽器を購入する楽器店で組むことができるローンです。住宅ローン等と同じような「目的ローン」であり、購入する楽器の支払い代金に対してのみ有効なローンとなります。楽器店の店頭で申し込みをして、申請が通ればローンで購入することが可能です。

アマチュアでも大丈夫?

アマチュア、プロ関係なくローンの申し込みは可能です。ただし、それぞれの信用情報や返済能力に応じた審査があり、借り入れ限度額も個人で変わってきます。

楽器ローンは総量規制の対象外ではありますが、たとえプロでも年収が少なければ借りられる金額は少なく、審査に落ちる可能性もあります。

学生でもローンは組める?

学生でもローンを組むことは可能ですが、20歳以上もしくは18歳以上と年齢制限が定められているのが一般的です。

未成年の方が申し込みを希望する場合親権者が代理で申し込む、もしくは18歳以上であれば申し込みは本人、連帯保証人に保護者を立てることでローンを組むことが可能なケースはあります。

楽器ローン以外の借入方法

その他にも資金を工面する方法を2つ紹介します。金利や返済期限など、自分にあったものを選びましょう。

ローンでお金を借りる

先ほど楽器ローンは「目的ローン」であると記述しましたが、資金の用途が定められていないローンに申し込み、融資を受ける方法もあります。カードローンや金融機関のフリーローン、学生ローンでお金を借りる方法です。特にフリーローンでは利率が低く設定されていることも多いです。

クレジットカードの分割払いを利用する

クレジットカードを持っている方であればすでに審査は通っているのでいつでも利用可能です。ただし、楽器ローンやフリーローンに比べるとやや分割回数が少ない傾向にあり、一月あたりの負担は大きい可能性があります。

まとめ

一時的な衝動でローンを組んで、大好きな楽器のせいで苦しむことになっては元も子もありません。また、購入後もメンテナンス費用がかかります。いつまでも音楽を楽しめるよう、金利等も加味した上で本当に必要か考えてみてくださいね。

執筆者 和島 由佳 (わじま・ゆか)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学卒業後、証券会社に5年間勤務し、お客様応対や事務に従事する。働きながら資格取得に取り組む中で、よりお客様の人生に寄り添い、得た知識を共有できる仕事をしたいと考えFP業務に興味を持つ。CFPの合格を機に、FPサテライト株式会社にてファイナンシャルプランナーとして活動している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索