第 17 回

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いとは?

庄司 里紗

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違いとは?

旅行や冠婚葬祭など急な出費で現金が必要になったとき、皆さんはどのようにしてお金を用意しますか?

急な出費に備えて貯金をしている人や、家族など身内に借りる人もいるでしょう。しかしそのような手段がとれない場合は、クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用しようと考えるかもしれません。

クレジットカードのキャッシングとカードローン、どちらも使用目的に縛られずお金を借りることができるという仕組みは同じですが、返済方法や金利などの違いもあります。
では、クレジットカードのキャッシングとカードローン、どのような違いがあるのでしょうか。

クレジットカードのキャッシングとは

「キャッシング」とは一般的に、クレジットカードに付帯されているキャッシング機能を利用してATMなどからお金を借りることを指します。
クレジットカードの契約時にキャッシング枠を設定することで利用が可能となります。

借入限度額はクレジットカードのショッピング枠に含まれており、数万円から数十万円と少額の小口融資です。

返済方法は、一括返済とリボ払いの二種類となっています。分割返済は利用できないので、一括返済を利用しない場合はリボ払いを選択するしかありません。また、金利は高めに設定されているので、臨時的な利用には適しているものの、日常的な利用には向いていません。

なお、クレジットカードのキャッシングも「総量規制」の対象であり、他の消費者金融等からの借入れと合わせて年収の3分の1までしか借入れができません。

カードローンとは

「カードローン」は、銀行や消費者金融が発行するカードを使用してATMなどからお金を引き出す、あるいは指定の金融機関の口座振り込みでお金を借りることを指します。

あらかじめ審査があり、審査結果によって借入限度額が決定します。その後は限度額の範囲内であれば原則何度でもお金を借りることが可能です。

返済方法は、リボ払い、分割払いが一般的です。また、金利はクレジットカードのキャッシングと比較してやや低めに設定されているため、金利や毎月の返済額を抑えたい人や一括では返済が難しい額の借り入れをする人に向いています。

まとめ

クレジットカードのキャッシングとカードローン。
仕組みは同じでも金利や返済方法などに違いがあるので、状況に応じて使い分けることが必要です。

例えば、今日中にお金が必要な場合でも借入額が少額で一括返済が可能な場合はクレジットカードのキャッシング、今後も借り入れを複数繰り返す可能性がある場合はカードローンを利用する等、借入額や返済方法、借入までの期間も考慮して使い分けると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違いを理解し、どちらを利用したほうが自分にとって得なのかをよく考えて上手に利用しましょう。

執筆者 庄司 里紗 (しょうじ・りさ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学卒業後、広告代理店に営業事務として就職。妊娠を機に退職。専業主婦となり、家計管理を任される。しかし、子供2人分の教育費、住宅費、老後資金とお金の不安は増えるばかり。そこでお金について勉強するため2級FP技能士を取得。現在は、子育てをしながらFPとして活動中。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索