第 50 回

消費者金融の金利が銀行カードローンより高い理由

田端 沙織

消費者金融の金利が銀行カードローンより高い理由

カードローンの上限金利を比較すると、銀行は15.0%、消費者金融は18.0%と、3%程度の差があります。「3%」という数字だけみると大差がないように感じますが、返済を始める段階で大きな差に気付くことになります。

今回は、銀行に比べ消費者金融の金利はなぜ高いのか?について説明します。

金利に差が出る2つの理由

銀行に比べ消費者金融の金利が高くなる理由として、以下2つの理由が挙げられます。

1.融資資金の調達方法とコストの違い

銀行は個人や企業から、お金を「預金」として預金金利を払っていますが、その預金資金を原資として別の個人や企業に融資し、金利を受け取る事で利益を出しています。
そのため、融資資金の調達も容易でコストも安くなっています。

一方、消費者金融は融資原資を銀行から借りなければなりません。そして、銀行から借りたお金は利子を払って返さなければいけません。
つまり、銀行に比べ資金調達のコストがかかるため、銀行に返済しても利益を得られるように金利を高く設定する必要があります。

2.消費者金融は保証人や担保が不要で、返済されないリスクが銀行に比べ高いため

銀行のカードローンは個人にお金を貸し出す時に消費者金融等を保証会社にしているケースが多くあります。そのため、不良債権は保証会社に代位弁済させることが出来るので貸し倒れリスクを低く抑えることが可能になっています。

一方、消費者金融のカードローンのほとんどは、保証人や担保が不要となっています。「保証人や担保がない=返済が滞った場合に保証や責任を負ってくれる人がいない」ということになるため、貸し倒れリスクが高くなります。貸し倒れがあってもカバーできるように、高めに金利が設定されています。

これらの理由から、消費者金融は審査を緩めにして利用者の間口を広げ、さらに金利を高めに設定することで、貸し倒れがあっても他の利用者からの金利収入でカバーできるようにリスクマネジメントをしています。

まとめ

金利だけでみると銀行カードローンに軍配があがりますが、審査スピードや借入れ希望金額、返済方法等、求める条件は人によって違います。
金利の低さも大事ですが、それだけで選ぶのではなくご自身にあったローンを検討してみてください。

執筆者 田端 沙織 (たばた・さおり)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

鎌倉市出身、逗子市在住。2男1女を育児中。大学を卒業後、FP2級を取得した際、資産運用の楽しさに開眼し証券会社に勤務。10年以上お客様にまごころ込めて対応していたが、会社とお客様の向いている方向が違う事にモヤモヤを感じる。
現在は、お客様と自分が同じ方向を向くことでお金や将来の不安が少しでも減るよう、中立的な立場のFPとして活動中。また、「キッズ・マネー・ステーション認定講師」として子供、親子向け金銭教育講座を開催している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索