第 174 回

住宅ローン審査がAIでスピードUP!人工知能による審査のメリット・デメリット

町田 萌

住宅ローン審査がAIでスピードUP!人工知能による審査のメリット・デメリット

近年、活用が進んでいるAI技術。
住宅ローンの分野でも、審査の速度アップや精度アップを目的としたAI技術の活用が進んでいます。

住宅ローン審査にAI技術が導入されると、従来の住宅ローン審査とはどういった違いがでてくるのでしょうか?
今回は「AI技術による住宅ローン審査」のメリット・デメリットを解説します。

AI技術による住宅ローン審査のメリットとは?

住宅ローン審査にAI技術が導入されるメリットとして、以下の3つが挙げられます。

(1)審査のスピードアップ
(2)金利や手数料の軽減
(3)契約者へのサービス拡充

住宅ローン審査にAI技術が導入されると、審査のスピードは従来よりも格段に速くなります。
審査スピードが速くなれば住宅ローン契約までの時間が節約されますし、万一審査に落ちた場合でも他住宅ローンの検討をすぐに始められるため、利用者にとってはかなりのメリットといえます。

AI技術を導入することで、金融機関の人件費削減が可能となりますので、住宅ローン金利や審査にかかる事務手数料などが軽減される可能性もあります。

AI技術による住宅ローン審査のデメリットとは?

一方、住宅ローン審査にAI技術が導入されると、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

AI技術による住宅ローン審査のデメリットとしては、審査の可否の判断が機械的に行われる点が挙げられます。
信用情報や資産情報といった個人のデータは画一的にAI技術が評価するため、個々の事情を加味した臨機応変な審査・判断をすることはAI技術ではほぼ不可能といえるでしょう。

まとめ

すでにAI技術による住宅ローン審査を導入した金融機関では、審査期間の短縮やコスト削減などの効果が得られています。
AI技術の導入が進むと、利用者にとっては金利や手数料面で恩恵を受けたり、審査がスピーディーになったりすることで住宅ローンの比較・検討もしやすくなります。

住宅ローンを比較する時のひとつの選択肢として、AI技術による住宅ローン審査を実施している金融機関も検討されてはいかがでしょうか。

執筆者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

監修者 安藤 純子 (あんどう・じゅんこ)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

不動産管理会社勤務をきっかけに、損害保険業務に携わる。
FPサテライト代表・町田の保険に対する考え方やFPの社会的向上への熱意に共感し、バックオフィスのサポートに入る。
主婦目線から、お客様の素朴な疑問にわかりやすくお答えすることを第一に活動している。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索