第 187 回

クレジットカードの保険で大丈夫?クレカ付帯の海外旅行保険をチェックしよう

和島 由佳

クレジットカードの保険で大丈夫?クレカ付帯の海外旅行保険をチェックしよう

海外旅行の際、損害保険会社が販売する海外旅行保険を申し込むか悩んだ経験はありませんか?
申し込みをしない場合「クレジットカードについている保険があるから」と考えた方が多いのではないでしょうか。

実は付帯条件等によっては、カードを持っているだけでは保険が適用されない可能性もあるのです。まずご自身のカードの条件をよく確認してみましょう。

自動付帯か利用付帯か

もっとも重要なのが付帯条件です。自動付帯であれば問題ありませんが利用付帯の場合は要注意です。旅行費用の一部を該当のクレジットカードで払っていることが条件となります。

これをチェックしておかないと、あてにしていたクレジットカードの保険が全く適用されないといったこともあり得るのです。

旅行費用とは?

カード決済を利用する旅行費用というと、まず思いつくのはツアー代金の支払いですが、それ以外にも含まれる費用があります。
実は、自宅の最寄りから空港に向かう際の公共交通機関の利用料金も旅行費用の一部に含まれるのです。

利用付帯のクレジットカードの保険を利用する場合、旅行費用の支払いには該当のカードを優先して利用しておくようにしましょう。

補償内容は十分か?

クレジットカードの保険でも、傷害死亡補償については金額が大きいものも多いです。しかしそれ以外の部分こそ、万が一のことが起きた後のご自身の生活にとって大切な補償ではないでしょうか。

チェックすべきは治療費用の補償額

クレジットカードの海外旅行保険では、ゴールドカード等であっても傷害・疾病治療費用が各々300万円程度であるのが一般的です。

もちろん腹痛や発熱で病院に行き、薬を貰うくらいであれば、十分でしょう。
ただ、脳梗塞や心筋梗塞等、重篤な病気を発症し手術や入院が必要になった場合はその限りではありません。

若いから、では安心できない。

例えば医療費の高いアメリカでは、盲腸の発症による入院、手術で総額300万円を超える請求を受けた事例も多くあります。
また、病気を発症しなくても、事故などでの突発的なケガによって入院や手術をする可能性も考えられます。

長時間のフライトによる体調への影響や、アクティビティへの参加等、通常の生活よりも危険に遭うリスクが高いことを念頭においておきましょう。

複数のクレジットカード会社の補償内容は合算できる!

複数のクレジットカードを保有している場合、死亡・後遺傷害以外であれば補償額を合算することが可能です。合算するといくらの補償になるのか事前に確認しておきましょう。

ここでももちろん、旅費の支払いの一部に利用したクレジットカード以外は自動付帯であることがポイントです。

無用な借金を負わないために

補償額を大きく超える医療費がかかれば、預貯金では補えず借金を抱えてしまう可能性もあるかもしれません。そうすればライフプランに大きな影響を及ぼし、人生が変わってしまうことになります。

無用な借金を負わないためにも、海外旅行に行く前にご自身の保険内容を確認してみてください。クレジットカードの補償内容に不安がある場合は、別途海外旅行保険に加入することも考えておきましょう。

執筆者 和島 由佳 (わじま・ゆか)
ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学卒業後、証券会社に5年間勤務し、お客様応対や事務に従事する。働きながら資格取得に取り組む中で、よりお客様の人生に寄り添い、得た知識を共有できる仕事をしたいと考えFP業務に興味を持つ。CFPの合格を機に、FPサテライト株式会社にてファイナンシャルプランナーとして活動している。

監修者 町田 萌 (まちた・もえ)
代表取締役・ファイナンシャルプランナー
所属:FPサテライト株式会社

大学在学時よりFPを志し、外資系損害保険会社、eラーニング専門企業に勤務。卒業後、税理士法人勤務を経て、外資系生命保険会社出身の専務とともにFP事務所を開業。2018年4月に法人化し、FPサテライト株式会社を設立、代表取締役に就任する。
現在は、相談業務、Webメディアの執筆、セミナー講師等、幅広く活動を行なっている。また、税理士法人勤務の経験から、中小企業向けの経理業務支援なども行っている。
金融商品を取り扱わず、お客様の立場に立った中立な相談、幅広い分野からの問題解決をモットーとしている。

FPおすすめコラム記事

最新FPコラム

ちょっと待って!
あと 以内の申し込みで
今日借りられる可能性があります!
今から申し込み明日の午前中
に借りられる可能性があります!

最短即日融資可能/WEB完結なら社会保険証でお勤め先確認完了!電話連絡なし
※審査に通過すれば、原則24時間最短3分でお振込み

閉じる
簡易検索